ABOUT β-GLUCAN

β-グルカンは、食物繊維。
健康維持や病気予防の強い味方。

ブドウ糖(グルコース)のみが多数結合した多糖類をグルカンと呼び、食品化学では炭水化物として分類されます。
グルカンはその化学構造からα型とβ型に分けることができ、α-グルカンは幾つかの種類に分かれており、β-1, 3-1, 6-グルカンと呼ばれるものには「免疫向上作用」の効果があります。

生活の身近なところに

免疫向上作用を生む、β-1, 3-1, 6-グルカンの働き

β-1, 3-1, 6-グルカンは受容体を刺激することで免疫賦活をもたらします。
しいたけなどを食品のまま体内に摂取しても受容体を刺激することができないため、
健康効果が得られません。
そのため、βグルカンの成形を行う必要があります。

キノコの中にβ-グルカンが含まれているため、抽出する必要がある
キノコから抽出するβグルカンに他の成分が結合しているため、
  その他の成分を取り除く精製を行う必要がある

精製品精製品(不十分)粗製品質の悪い粗製品であると、不要物に阻害され結合しない精製が不十分な場合でも結合する場合があるが、
受容体に接触する際の向きなどによっては結合しない
質の高い精製品であると、
受容体に結合しやすく細胞が活性化する
免疫性細胞

抽出・精製されることで生体に反応する形となったβ-グルカンを、
BRM(Biological Response Modifier(生体応答調節物質)という医療用語と、
G(Glucan)を組み合わせて、BRMGと命名しました。

キノコでは
β-1,3-1,6-グルカンの含有量 ≠ BRMGの量

このように食材をそのまま食べる(摂取する)ことで栄養分となるビタミンやミネラルなどとは違い、
β-グルカンがもたらす健康効果を得るためには、成分が受容体に適合する必要があります。

自然免疫の重要性

免疫とは、ヒトや動物などが持つ、体内に入り込んだ「自分とは異なる異物を排除する機構」です。
ヒトの細胞(約60兆個)は120〜200日をかけて入れ替わります。
その中で、1日に生まれてくる細胞の約1/108が、がん化すると言われています。
それらの、がん化した細胞を、NK(ナチュラルキラー)細胞と呼ばれる細胞が排除しています。

自然免疫を上げるということは、病気を治す可能性を高めること。
そして、病気になるリスクを減らすということに繋がるのです。

※NK細胞の活性が低いと、がんの罹患率が高いことが、埼玉県立がんセンターの研究で報告されています。

BRMGを摂取するには

BRMGの健康効果を得るには、加工した医薬品や健康(機能性)食品で摂取することをお奨めします。
健康食品には多くの製品が市場に出回っているため、見極めが非常に重要です。

  • 医薬品

  • 健康(機能性)食品

Back To Top