ソフィがつくるβ-グルカンとは

ソフィβ-グルカンは、β-グルカンの欠点を解消した健康素材です。

抽出・精製を必要としないため、安定した品質と低価格

古くからβ-グルカン(β-1,3-1,6-グルカン)の製造には、「抽出・精製法」が用いられてきました。
ソフィでは、自然界から探索した数多くの「黒酵母」から有用なものを選抜し、
発酵を制御しながら培養する「スクリーニング・発酵法」という製法を開発し、製造しています。

β-グルカンを菌体外に作ることから、 抽出の必要がない
不要物が結合していないことから、 精製の必要がない

抽出・精製されることで生体に反応する形となったβ-グルカンを、
BRM(Biological Response Modifier(生体応答調節物質)という医療用語と、
G(Glucan)を組み合わせて、BRMGと命名しました。

黒酵母では
β-1,3-1,6-グルカンの含有量 = BRMGの量

機能面/安全面で非常に優れた性質を持つ、健康維持食品です。
食品という身近なものから摂取することを考え、無味無臭で摂取しやすく、添加する食品の風味に影響がないことも特長です。

  

以下、β-1,3-1,6-グルカンを使用した製品をチャートで表したものになります。

  • 医薬品

    安全性試験、臨床試験を実施しており、安全性・機能性が非常に高い 精度の高い抽出・精製を行う必要がありコストが高くなるため、予防(日常的な使用)には向かない。
    医師の判断(処方箋)が必要となるため、使用するためのハードルが高い。

  • 高品質な健康食品

    安全性試験、臨床試験を実施しているものが多く、機能性・安全性が高い。 精度の高い抽出・精製を行う必要がありコストが高くなるため、予防(日常的な使用)には向かない。

  • 安価な健康食品

    コスト面で非常に安価に購入ができる。 安全性試験を行っているものが少なく、安全性・機能性が低い。

  • ソフィβ-グルカン

    安全性試験、臨床試験を実施しており、機能性・安全性が高い。抽出・精製を必要としない製造方法で、比較的安価に購入できる。食べやすく、使いやすい味で、予防目的(日々の摂取)での使用に最適。

技術革新によって広がる活躍シーン

β-グルカンは抽出し精製して、製造することが主流であったのが、
黒酵母×スクリーニング発酵法を用いることで大量製造が可能になり、安価に提供できるようになりました。
結果、これまでコスト面での問題から難しかった一般食品への利用が可能となっています。

また、ソフィではバイオ技術を用いて改良し、嗜好性を高めることを追求しています。
現在では、日常的に食される嗜好品(お菓子など)や、病院食などで使用されています。

  • 黒酵母(菌)を培養することで抽出・精製を必要とせず、
    安価に大量製造が可能

  • 発酵を制御しつつ製造する手法を行うことで安定して
    高い品質と安全性を実現

製品パターン

ソフィβ-グルカンは、お客様のご要望を叶える手段として、以下の3つの形でご提供しています。

  • 原材料

    加工・販売業者様向け

    一般消費者様用の健康食品やサプリメント等を加工・販売されている業者様に、原材料となるゲル状、粉末状のβ-グルカンを提供しています。

  • OEM製造

    加工・販売業者様向け

    他社様のオリジナルブランド商品を製造する「OEM委託製造」を行っています。

  • 自社ブランド

    一般消費者様向け

    一般の消費者様向けに、飲みやすい顆粒状やステッィク状に加工し、健康食品、サプリメントを製造しています。

  • ソフィβ-グルカンとは
  • 安全性を見る
  • 活用事例を見る